□MENU□

検索

  • Google


    WWW を検索
    このブログ内を検索

最近のトラックバック

ブログ村

日商簿記検定 勉強記1-勉強開始

来週、2月22日(日)の 第121回 日商簿記検定 3級 受験のための勉強開始です。
なんだか余裕がないのとやる気が出ない(テレビなんか見てる時間があるってことはやる気の方が問題ですね)のとで、教材は1ヶ月も前に揃えてありましたが、試験前ギリギリでようやく重い腰を上げるところです。(^_^;)


≪使用する教材≫
予定では妹が過去に使用していたベネッセの通信講座(現在簿記講座はもう行われていません)のテキストを使用するつもりでいましたが、いつもながらと言えばまぁそうなんですが、ぎりぎりで時間がないので自分で購入していた下記2冊の問題集をラストスパート並のペースでやっと終えられるかどうかと言ったところです。問題集でちょっと分かりづらい部分をベネッセのテキストで補って進めていこうと思っています。

■ これで合格日商簿記検定問題集 3級―新検定規則対応
  価格 910円

■ 日商簿記検定模擬試験問題集3級
  価格 750円

これらを選択した理由としては、出版社の一橋出版は商業高校の商業科の教科書を出版している会社で、あまり一般向けにはメジャーではありませんが、老舗であり内容に外れはないであろうと予測して選びました。しかも価格もお手頃です。


≪学習計画≫

まずは1冊目「これで合格日商簿記検定問題集 3級―新検定規則対応」から。
内容としては、基礎知識・学習の項目ごとに[説明と要点][練習問題]・出題傾向の分析、といった構成になっています。

目次  (総ページ数189ページ)
[1] 簿記の基礎 P1~
[2] 各種取引の処理 P13~
[3] 試算表の作成 P90~
[4] 決算の手続き P104~
[5] 帳簿組織 P125~
[6] 出題傾向の分析 P146~

今日の日中と夜合わせて約8~10時間、明日の朝と夜各2時間、明後日の朝までで終えられればと思います。

2冊目の「日商簿記検定模擬試験問題集3級」は、[傾向と対策][模擬試験問題 8回分][検定試験問題(過去問)第117・118・119回の 3回分]と言った構成になっています。
単純に試験1回分2時間という計算で、17日の夜・18~20日の朝と夜で7回分、21日(土曜・試験前日)に4回分と復習。。。。

といった感じで進めていこうと思います。(^_^;)

日本商工会議所 第121回簿記検定の申し込みをしました

日本商工会議所 第121回簿記検定の申し込みをしました。インターネット受付があったので、商工会議所の窓口受付よりは手数料がかかりますが、勉強をしなきゃならないぞと自分に言い聞かせるためまずは期限づけをと。

テキストは数年前(もっと前かな?)に妹が通信教育で勉強し、日商と全経の3級を取得した際のものを処分せず取ってあるとのことなので、それを送ってもらうことにしました。コンピュータ関連とは違って内容はあまり変わりませんからね、少々古くても問題ないでしょう。

あとは過去問題集と予想問題集を自分で揃えようと思います。

試験の実施日は2月22日(日)です。試験までは1ヶ月半ほどしかありませんが、商業高校卒なので3年間簿記は学んできましたから、おさらいということで3級を選んでみました。どれくらい記憶に残っているかは問題ですが(^_^;)、まぁちょっと頑張ってみます。

簿記検定とは

■簿記検定のおもな主催は3種類
 ・日本商工会議所(日商)
 ・全国経理教育協会(全経)
 ・全国商業高等学校協会(全商)
全経は経理専門学校などに通っている場合、また全商は商業高校や商業科のある高校などで、学校団体受験に選択されていたりします。どの主催も受験制限はないため学校によっては日商を受ける場合もある。
一般の方が近くの商業高校にて全商簿記検定を受験することは可能です。

■どの主催を選んだら良いか
まず、一般の方なら認知度が高くどこでも通用する日本商工会議所が良いと思います。
新卒で就職活動するならわざわざ日商を受けなおす必要はないと思います。学校で薦められている主催のものに合格できていれば良いと思います。
個人的な意見ではありますが、私自身は全商の商業簿記1級・工業簿記を取得していて会計の称号もいただいてますが、同級を比較すると日商の方がレベルが高いように感じます。(現在の内容を比較したのではなく、過去に問題内容などを見てみた感想ですが。)


■どんなことに役立つのか
経理事務に必要な会計知識が身に付きます。企業の経理部門や会計事務所、また自営業の方などご自身で帳簿を付けて青色申告をしたりするのに役立ちます。


◆受験するには(日商)
年3回実施
受験料 1級7,500円、2級4,500円、3級2,500円、4級1,600円
各地域の商工会議所で申し込みをし、指定の会場で受験します。

◆勉強方法は
まったく初めてという方は学校や通信教育を含めて考えてみてはどうかと思います。
多少複式簿記に関して概念を理解されているのであれば、3級程度であれば市販の試験範囲準拠とされているテキストと過去問題集・予想問題集で独学も可能ではないかと思います。


●試験関連情報 簿記検定
 ⇒日本商工会議所
 ⇒全国経理教育協会
 ⇒全国商業高等学校協会

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

元パソコンショップ店員だった管理人:春風のおすすめショップ

  • 春風御用達! しばしば実店舗へも出没!?
    PCDEPOT WEB本店/OZZIOPCDEPOT WEB本店/OZZIO

  • ☆ こんなのが欲しかった!富士通からボードPC発売
    富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • ご存じですか?
    ≪極上≫BOSE のPC用スピーカー
    ボーズ・オンラインストア

@nifty



無料ブログはココログ